Home » My Life 私の生活 » Simplify! シンプルライフ

Simplify! シンプルライフ

ここ数年間、積極的に取り組んでいる『カラダと地球に優しいシンプルライフ』について、ここで少しまとめることにしました。




(理論編) ポリシー  

ものごとはおこる時にはおこるものです。対処法はポリシーが確立していれば、自ずから出てくるものですが、時には自分で勝手に例外をも受けていることもあります。「これは特別な○○だから、いつものポリシーは当てはめられない」とおもいこんでいるんですね。

そんな時に、本当に特別で例外にすべきことなのか、もう一度考える必要があるのです。確かにそれはかつて特別だったことがあるかもしれません。でも、いま現在例外にすべきことか、もう一度見直す必要があるのです。

物事はおこる時がくればおこります。それが必要だからおこるのです。対処すべきだからおこるのではないでしょうか。

現代の日本は過剰な情報にあふれていると思います。そのために本当に必要な情報がわからなくなってしまうことも。例えばテレビと定期購読した新聞と、情報雑誌のすべてがあるというのは珍しくないと思いますが、そこから発信される情報は莫大でそれのすべてが必要不可欠ということはあり得ません。
テレビ番組表があるからそれを眺めてしまい、つい何かみるものを探してしまう。新聞の書評や雑誌に乗っていた新刊は買って読まないとならないような気になってしまう。テレビがついたままになっていて、そこで流されるくだらないバラエティに見入ってしまったり、絶え間なく流される広告に絡めとられてしまう。時間の浪費といっては言い過ぎでしょうか。
我が家には定期購読の新聞はありません。日本のテレビ番組もありません。スイスのも同様です。ベストセラーの日本の新刊や雑誌を次々買い込むこともないし、スイスで売られる雑誌もレストランや美容院でぱらぱらめくる程度です。だからといって、日本のニュースやヨーロッパのニュースはわかっていますし(インターネットは便利なものです)本当に欲しい本やDVDは個別に購入しています。それでも時間は足りないと思うほどで、情報の洪水に踊らされている人たちがどうやってそれ以外のことに時間を捻出できているのかりかいできません。
私のスタンスは「必要な情報は個別にとりにいく」です。現代の日本は過剰な情報にあふれていると思います。そのために本当に必要な情報がわからなくなってしまうことも。例えばテレビと定期購読した新聞と、情報雑誌のすべてがあるというのは珍しくないと思いますが、そこから発信される情報は莫大でそれのすべてが必要不可欠ということはあり得ません。テレビ番組表があるからそれを眺めてしまい、つい何かみるものを探してしまう。新聞の書評や雑誌に乗っていた新刊は買って読まないとならないような気になってしまう。テレビがついたままになっていて、そこで流されるくだらないバラエティに見入ってしまったり、絶え間なく流される広告に絡めとられてしまう。時間の浪費といっては言い過ぎでしょうか。我が家には定期購読の新聞はありません。日本のテレビ番組もありません。スイスのも同様です。ベストセラーの日本の新刊や雑誌を次々買い込むこともないし、スイスで売られる雑誌もレストランや美容院でぱらぱらめくる程度です。だからといって、日本のニュースやヨーロッパのニュースはわかっていますし(インターネットは便利なものです)本当に欲しい本やDVDは個別に購入しています。それでも時間は足りないと思うほどで、情報の洪水に踊らされている人たちがどうやってそれ以外のことに時間を捻出できているのかりかいできません。私のスタンスは「必要な情報は個別にとりにいく」です。

written by polepole, published on 01. 01. 2011




(実践編) 見ずに捨てる  

 これは私の場合まだ道半ばなのです。行きつけのスーパーで、よく買う食品が三パックで40%オフなどという表示をみるとつい買ってしまうことは、実はあまりシンプルにならないと自覚しています。我が家の食品置き場は、いつも満杯です。どうせ使うんだからと少しでも安くしたいという、主婦らしいみみっちさからの行為なのですが、実は必要以上の買い物をしているので全体としてはあまり出費は減っていないでしょう。
 前に大量にストックした多くの食品は、突然の食生活の改善後、ほとんど出番がなくなってしまいました。もったいなくて捨てられないので、時々使って少しずつ消費していますが、「こんなに買うんじゃなかった」と思うことひとしきりです。今後は、もう少し棚がガラガラになるような買い物の仕方を心がけたいと思っているところです。

一年間はあっという間、気が付くと五年くらいは簡単に経っているこのごろ、年末に掃除などをしていると「とりあえず」とってあったものが目に入ります。もちろん大切なもの、思い出の品などはとっておいてもいいのですが、とっておく必要がなくてもとってあるものもけっこうあります。ドイツ語を習いに行っていた時のテキストやノート、95年頃に使っていたMacのデータやインストール用CD、さまざまな広報誌のバックナンバー。

これらのずっと使っていなかったものを、一つ一つ開けて、本当に必要なデータを探し出して、それ以外のものを捨てる。いつもやりたいと思うけれど、決して実現しません。そんな時間はないのです。

五年ほど必要でなかったもので、あとでそれがどうしても必要になることはほとんどないでしょう。だったら捨ててしまっても構わないはずです。なかなかそれができないのですが。

written by polepole, published on 01. 01. 2011

 

Showing 13 - 14 of 36 Articles < Previous 123456789101112131415161718 Next >