Home » My Life 私の生活 » Simplify! シンプルライフ

Simplify! シンプルライフ

ここ数年間、積極的に取り組んでいる『カラダと地球に優しいシンプルライフ』について、ここで少しまとめることにしました。




(理論編) 流行は好きなものだけを  

ファッション感覚が鈍いのは自他ともに認めるところです。着るもののことしか頭にない女の子たちを軽蔑しているうちに、最低限のファッション感覚すら失ってしまった感があります。しかもここは、私のような人間が平気で暮らせるスイスのド田舎で。日本にいたときのように引け目を感じることすらないまま、気に入った楽な服装だけで10年も暮らしています。

そういう前提をもっていうのですが、現在日本で流行っている服装は、ちょっと嫌です。スカートの下にスパッツをはいたり、ハイネックのカットソーの上にチュニックを重ねたりして、全体的にずるずるとしてよれよれした服装ですよね。通販のカタログによるとそういうのが「かわいい」のだそうだけど、わたしにはとてもそうはみえません。

そういう、「気に入らない」流行の時は完全にパスします。気に入らない服は大して着ません。着ないうちに流行は去ります。そして、「あら、これすてきだなあ」というような服が出てきたらそれを買えばいいのです。タンスの肥やしを増やさないためには、本当に気に入ったものしか買わない、これが鉄則だと思っています。

written by polepole, published on 01. 03. 2010




(実践編) 電子レンジのない生活  

 これは私の場合まだ道半ばなのです。行きつけのスーパーで、よく買う食品が三パックで40%オフなどという表示をみるとつい買ってしまうことは、実はあまりシンプルにならないと自覚しています。我が家の食品置き場は、いつも満杯です。どうせ使うんだからと少しでも安くしたいという、主婦らしいみみっちさからの行為なのですが、実は必要以上の買い物をしているので全体としてはあまり出費は減っていないでしょう。
 前に大量にストックした多くの食品は、突然の食生活の改善後、ほとんど出番がなくなってしまいました。もったいなくて捨てられないので、時々使って少しずつ消費していますが、「こんなに買うんじゃなかった」と思うことひとしきりです。今後は、もう少し棚がガラガラになるような買い物の仕方を心がけたいと思っているところです。

連れ合いがどこかで「電子レンジは体に悪い」と吹き込まれてきて大騒ぎをしました。ちょうどマクロビオティックの本を読んでいて、そこでも「絶対にダメ」と書いてあったので、この際やめてみたらどうなるかという実験をしてみました。まずは一ヶ月間一切電子レンジを使わないで生活してみたのです。最初に心配したご飯の温めは、小さな鍋で蒸す方法を見つけて即解決しました。

困ったのは、水曜日のお昼御飯です。自宅で連れ合いと食事をとることにしているのですが、さすがに一から調理している時間はないので前日に用意しておいたものを温めるようにしていました。これが電子レンジがないと難しかったのです。しかし、「絶対に使わない」と決めて工夫をすれば、電子レンジほどは速くなくても、かなり急いで温め直しのできる方法はありました。

週に三度会社に持って行っているお弁当は電子レンジで温めるのをやめました。冷たいお弁当は子供の頃から慣れているので特に問題はなし。私のお弁当は玄米ご飯入りですが、彼のお弁当はおかずだけにして、フライパンに用意しておいて温めてもらい、パンを切って食べてもらっています。

三ヶ月ほど試してなくても大丈夫そうなので、そろそろ電子レンジを撤去しようと思っています。

written by polepole, published on 01. 03. 2010

 

Showing 31 - 32 of 36 Articles < Previous 123456789101112131415161718 Next >